観劇ブログ~SS席で見る夢B席で落ちる恋~

宝塚歌劇、ミュージカル、韓国ドラマ、国内ドラマ、演劇、映画、JPOP、KPOP、オペラ、歌舞伎などエンタメ大好き。観劇や鑑賞の感想を記します。。

ポーの一族初日感想②千葉雄大さんアラン編

ポーの一族初日観劇感想 千葉雄大アラン編

 

この再演で一番のキーパーソンである千葉雄大さん。

千葉さんが登場された瞬間、一斉にオペラグラスが上がり注目度の高さを物語っていました。

 

シルキーで透け感のある肌、吸い込まれそうな瞳の色、少年としての佇まい。全てにおいて隙のないビジュアルはさすが!!本当に10代に見えましたよ☺️

 

お芝居は常に自然で声のトーンもナチュラルなのに、台詞や歌詞がクリアに聞き取れるのが素晴らしい。初ミュージカルでここまでの域に達するのに相当ご努力されたのでょう。

 

動きや歌に関しては多少不安定でぎこちないところがあったりもするのですが、それがアランという少年の心のざわめきとリンクして魅力的にうつりました。 

 

公演後どんな心境かはご本人にしか分かりませんが、カーテンコールでは放心状態。

 

明日海りおさんに一言感想を求められると感極まって涙を流され、客席もつられて涙😭役柄のアラン同様、純粋でステキなお人柄が舞台上でも滲み出ていました。

 

そんな姿を見て、一人の素晴らしいミュージカル俳優が誕生した記念すべき瞬間に立ち会えたのだと感激しました。

 

気が早いかもしれませんが、このポーの一族をスタートとして、これからもたくさんの舞台に出演していただきたいです。 


(追記)

千葉さんファンの方は「あれ?千葉くんいつ出てくるの?」と前半の長い時間をこんな思いで過ごされると思いますが、再度登場してから最後までの畳み掛けるような展開がすごくて…

アランの怒り、悲しみ、淡い恋、絶望など、いろんな千葉さんに出会えますのでお楽しみに。

 

↓ポチッと応援よろしくお願いします。