観劇ブログ~SS席で見る夢B席で落ちる恋~

宝塚歌劇、ミュージカル、韓国ドラマ、国内ドラマ、演劇、映画、JPOP、KPOP、オペラ、歌舞伎などエンタメ大好き。観劇や鑑賞の感想を記します。。

望海風斗ミュージカル出演発表「INTO THE WOOS」&ワタナベエンターテインメント所属

望海さんが所属する事務所が

発表されました。

 

大手芸能事務所

ワタナベエンターテインメント。

 

こちらの事務所にはすでに

真飛聖さん、愛加あゆさんら

宝塚OGが所属されています。

 

 

うわ~♥️  美しいですね。

 

今後、望海さんの歌やパフォーマンスが

しっかりした事務所をとおして

多くのひとにとどけられるのは

とても嬉しいです。

 

そして、

望海さんのニュースがもうひとつ。

 

ミュージカル「INTO THE WOOS」出演決定

 

ミュージカル「INTO THE WOOS」とは、

大人向けの童話ミュージカルで

あかずきん、シンデレラ、ラプンツェルなど

おとぎばなしの主人公たちの物語が

たがいに交差する。

 

そこで生まれる

「だれかの幸せは、だれかの不幸」

「だれかの不幸は、だれかの幸せ」

という矛盾をえがきだす作品。

 

1987年初演。

2014年には実写映画化される。

 

 

「INTO THE WOOS」キャスト

 

<赤ずきん>
赤ずきん/羽野晶紀 

<シンデレラ>
シンデレラ/古川琴音
継母/毬谷友子
継姉フロリンダ/湖月わたる
継姉ルシンダ/朝海ひかる
王子/廣瀬友祐
執事/花王おさむ

<ジャックと豆の木>
ジャック/福士誠治 
母親/あめくみちこ

<塔の上のラプンツェル>
ラプンツェル/鈴木玲奈 

<ナレーター/謎の男>
福井貴一

<パン屋>
夫/渡辺大知 
妻/瀧内公美

<魔女>
望海風斗

<巨人>
麻実れい *声の出演

 

(梅芸HP引用)

 

「INTO THE WOOS」スタッフ

 

作詞・作曲 スティーヴン・ソンドハイム

作     ジェームズ・ラパイン

演出    熊林弘高

音楽監督・指揮 小林恵子

 

「INTO THE WOOS」公演期間・場所

 

東京公演・日生劇場

2022年1月11日~31日

 

大阪公演・梅田芸術劇場メインホール

2022年2月6日~13日

 

 

 

宝塚時代の望海さんは、

どんな役でも変幻自在に演じ分け、

圧倒的存在として舞台に君臨していました。

 

魔女という役をとおして、

またどんな望海風斗をみせてくれるのか、

とっても楽しみ。

 

ミュージカルだけでなく、

雑誌の表紙をかざったり、

さまざまな分野で活躍する望海さんを

これからも応援しつづけられるのが

本当にうれしいです。