観劇ブログ   ~SS席S席A席B席~

  タカラジェンヌを愛してやまないヅカファン     ほぼ毎日ブログ更新中。

韓国ドラマ「ヴィンチェンツォ」感想 ネタバレなし

  評価★★★★☆


ヴィンチェンツォ20話見終わってしまいました。 

 

「3話まではガマンしてね。

4話くらいからおもしろくなってくるから!」


と言われていたので4話までじっくり忍耐鑑賞。  

 


カサノを陥れた真犯人が分かってからは、

雪だるま式におもしろさが増しました。

  

 

このブログはネタバレなし、

次回ブログはネタバレありで

感想を綴りたいと思います。

 

 

どんでん返しの連続の作品なので、

ネタバレを見ていない状態で初鑑賞していただく方が新鮮に楽しめると思います。

 

しかし、なかなかショッキングなシーンも多いので、ネタバレを読んで覚悟して見るのもありかと。

 

 

 

ヴィンチェンツォ あらすじ 

 

イタリアンマフィアのやり手弁護士ヴィンセント・カサノ(ソン・ジュンギ)は、韓国ソウルのとある雑居ビル地下に埋めらた金塊を手に入れるため一時帰国する。

簡単に思われた金塊発掘だが、一癖も二癖もある雑居ビルの住人たちに振り回されるうち、バベルという巨大企業の闘争に巻き込まれていき… 

 

ヴィンチェンツォ感想ネタバレなし

 

幼いころに母親に捨てられ、

拾われたイタリアンマフィアの中で生き抜くために殺人をも厭わないヴィンチェンツォ・カサノの物語。 


韓国ドラマのラブコメを想像していたわたしは、1話からプチパニック!! 

 

ストーリー展開は、

金塊をほり出す計画と、

大企業バベルとの戦いが同時進行。


そのどちらも、これでもかというくらい裏切りの応酬で、


味方か、敵か。 

死んだのか、生きてるのか。 


と、なんだも騙されます。

 

これだけ読むと 

どんな怖いストーリーなの?と

不安に思われますよね。 

 

その心配はご無用です。  

 

悪をもって悪を制すカサノですが、

決して自分の私利私欲のために動くことはなく、

法的にアウトなことでも

彼なりの正義がバシバシ伝わってくるから 悪人成敗の瞬間はこちらも爽快です。

 

金塊を取り出すために追い出そうとする雑居ビルの住人たちが ドラマのコミカル担当。 


彼らが登場すると、重苦しい空気を軽やかにしてくれますし、しだいに深まっていくカサノとの絆に感動させられます。 

 

さらにもうひとつの救いが。。。

 

ある事件をきっかけに組むことになった女弁護士(ホン・チャヨン)とカサノの軽~い♥️があるのがnice。 

 

スケールが大きく内容の濃いドラマなので、

この♥️部分は、いる?要らない?で

意見が分かれていますが、

わたしは断然、いる派です。  

 

彼女がいたからカサノが母やビルの住人と打ち解けられたのではないかと。 (美化しすぎかな?笑)

 

しっかし、、この彼女も個性的なんですよね~。 

 

クネクネした動き、大きな声、

オーバーな表情。。 

 

これこそ慣れるのに数話かかりました😅(笑)  

 

ですが、葛藤しながらもカサノの味方になる彼女をいつしか私も応援するように。。 

 


そして影の主役が、なんと、、


鳩!!😆(笑) 

 

思いもよらない鳩の活躍、ぜひお楽しみに。

     

 

ヴィンチェンツォは名言の宝庫

 

このドラマは名言の宝庫でもあります。 

 

・私は自分が弱者だと思って生きてきた。でも違ったの。戦うことをしなかっただけ。 

 

・親を攻めると後悔が残る。後悔はこの世で最も辛い地獄だ。 

    

などなど。。

 

 

さてここまで感想を書いてきましたが、

騙し騙され血で血をあらう このドラマ、

いったい最終話はどこに着地するの?

と疑問に思われましたよね。

 

このドラマの着地点、ネタバレなし 

 

たくさんの血が流れたので円満解決などあり得ませんが、


最終話は爽快でもあり、悲哀もあり。

 

 

登場人物たちのその後が気になるがゆえに余韻が残ります。  

 

♪誰も寝てはならぬ。

♪くまんばちの飛行 

♪カバレリアルスティカーナ 

 

劇中流れていた名曲を聴くだけでカサノを思いだし涙腺が…

 

続編、あったら良いのになぁ☺️

 

 

ここからは、

ソン・ジュンギを褒め称える会

 

主人公ヴィンチェンツォ・カサノ(ソン・ジュンギ)が素敵すぎるということを語らせてください😆(笑) 

 

ドラマの中でも「本当にカッコいい」「すっごい男前」と言われていましたが、そのとおり。

 

完璧なスーツ姿。

片手だけポケットに手を突っ込む癖の粋なこと。

銃の構えかたや落ち着いた声のトーンから醸し出される色気ったら。。☺️ 

 

幼い頃に母親に捨てられ、

イタリアンマフィアの中で必死に生きていた凄みを感じさせる圧巻の演技。  

 

そして、時折ふと見せる優しい表情。

ときどき混じるシャープなイタリア語。

血だらけでもどこか涼しげで品のある佇まい☺️   

 

ビジュアルも演技も最高でした!!  

 

『ヴィンチェンツオ』ネタバレあり感想はこちらからどうぞ