観劇ブログ~SS席で見る夢B席で落ちる恋~

宝塚歌劇、ミュージカル、韓国ドラマ、国内ドラマ、演劇、映画、JPOP、KPOP、オペラ、歌舞伎などエンタメ大好き。観劇や鑑賞の感想を記します。。

韓国ドラマ「ヴィンチェンツォ」感想 ネタバレあり

 評価★★★★☆

 

前回に引き続き、Netflixで視聴した「ヴィンチェンツォ」の感想を綴りたいと思いますが、今回は壮大にネタバレしておりますので、物語の結末を知りたくない方はご注意ください。

 

(ネタバレなし感想ご希望の方はこちらをお読みください↓)

www.zukaco.net

 


劇中、暴力的でショッキングなシーンがちらほらあるので、心の準備をしてから見たい、結末を知って安心してから見たいと思われる方は是非ネタバレ感想の続きをお読みください。

 

↓ 

 

 

↓ 

 

 

↓ 

 

 

「ヴィンチェンツォ」感想 ネタバレあり 

 

 

 

 

 

もう~、、、テギョン!!😠

 

テギョン、、 

 

テギョン、テギョン、テギョン、テギョン!! 

 

テギョン演じるチャン・ジュヌがバベルの真の支配者、チャン・ハンソの兄で最大の悪だと知った時の衝撃ったら… 😱

 

当初の可愛い後輩キャラのまま、先輩と力を合わせて悪と戦う好青年として物語が展開するとばかり思っていたし、そんなテギョンを見たかったですし。 

 

 

あぁ、まんまと騙されました😁 

 

そしてジュヌ(テギョン)の残忍な行いに、何かしら彼の正義や信念や感情が伴っていれば視聴にさらに熱が入ったのですが、いかんせん彼はただのサイコパス。  

 

このどうしようもない理由でひたすら暴力と悪事をはたらくもんだから、視聴者はヴィンチェンツォ側に肩入れしてしまうという、ちょっともったいない設定でしたね。 

 

でもイタリアンマフィアの悪を悪で制すやり方をカサノが強硬するには、このくらい容赦のない悪人が必要だったのだと理解できます。  

  

もちろん、テギョンの演技は素晴らしかったです。 

 

ジュヌの弟ハンソ(クァク・ドンヨン)の最期は切なかった~😭 

 

ハンソはサイコパスの兄を持ち、その兄に父を殺され、成人しても兄の暴力に耐え、会社では操り人形。

 

長年兄に虐げられ自分の生き方が分からずもがくハンソが、器の大きなカサノの温かさを感じて慕っていく後半は 可愛らしく微笑ましく切ない。

 

最終話、カサノを命懸けで兄から守る最期は可哀想で可哀想で😢(嗚咽) 

 

 

チョン・ヨビン演じるホン・チャヨンは、同じく弁護士の父と ことあるごとにぶつかり言い争いばかり。そして、和解せぬまま ある日突然父を殺されてしまいます。  

 

そして、どう足掻いても正当な方法では父を死に追いやった人物を裁くことはできないと悟り、カサノと手を組む。 

 

カサノに魅かれてからも恋に溺れることなく、弁護士としても人間としても強さがましていく様が気持ちよかった~😃 

 

このままずっとカサノと二人で 弁護士として 弱い人のために悪を挫いてほしいけど、カサノはお尋ね者ゆえ監視を掻い潜って年に一度イタリアから会いにくるのがやっと…😢 

 

そんな織姫と彦星のような関係でもハッピーエンドだと思わせてくれる二人。大人なキスシーンにうっとり♥️

 

 

そして、演技が上手すぎで憎たらしさ増し増しのこのお二人。  

 

ハン・スンヒョクとチェ・ヒョンミ。 

 

よくまぁ、次から次へと悪知恵が働くなと。

 

 

それとは対照的な雑居ビルの住人たち。 

 

最初はバラバラだった住人たちが、カサノに協力するうちに だんだん絆が強くなっていくのが愛おしかったです。 

 

劇中、いろんなドラマのパロディが詰め込まれていたそうですが、そういう狙ったものに感心が薄いためネタを拾えずすみません😣💦 

 

あっ!!

 

パクセロイの髪型、トキメキそんぎゅんかんスキャンダルのヨンハは分かりました😃(笑) 

 

 

チャヨン父の殺害現場である飲み屋にトラックが突っ込むシーンといい、1話のイタリアの壮大な農園シーンといい、CGを駆使した映像も見所の一つです。 カサノが母親を殺された時に流した涙と鼻水、監督の判断でCGで鼻水だけ消したそうです😅

 

フィクションと分かっていても、このドラマの殺人シーンや暴力シーンは容赦がなく目を背けたくなります(実際耐えきれず早送りした場面も)。 

 

あっ、今から殴るな。打つな。刺すな。と感じたら、ほぼほぼ次の瞬間は 殴られてます。撃たれてるし刺されていますので心のご準備を。 

 

 

カサノの復讐は成功するのかって?? 

 

はい、成功します。

 

カサノの計画どおり、最も残酷な方法でジュヌとヒョンミは殺されます。。  

 

カサノは大物の悪人だけでなく、自分を裏切った者は一人残らず容赦のない死を与えてきました。

 

復讐を遂げたからといって、最終話を見終わった感想はスッキリ爽快ではないし、重苦しい空気が纏わりついたままですが、決着をつけた一年後、カサノもチャヨンも周囲の人たちも前に進んでる救いのあるラストでした。 

 

続編が見たい。 (暴力シーン控えめで😆笑) 

 

カサノに会いたい♥️ 

鳩のその後も気になる~😃

 

 

 

www.zukaco.net

 

 

www.zukaco.net