宝塚ブログ~SS席で見る夢、B席で落ちる恋~

タカラジェンヌを心から尊敬し、全組愛するファンブログ。観劇感想、チケット情報、ファンクラブ、お茶会、OG等、宝塚歌劇に関するあれこれを綴ります。

第55回宝塚舞踊会♪礼真琴さん舞空瞳さんトップお披露目というより初仕事

 

いよいよ礼真琴と舞空さんのコンビがスタートしましたね。 

 

報道の見出しにお二人の名前が多いのも、周囲の期待の表れなのでしょう。

  

トップ御披露目と称されてしますが、三組のトップが出演し、礼さんや舞空さんだけに特別な演出もありませんので、初仕事といった方がしっくりくるような気がします。 

 

と、冷静を装いつつ、舞踊会の文字を見るだけで、自然と気持ちは高揚します。(笑)

 

お二人を含め、舞踏会出演者たちの素敵な舞姿のレポートがあがってきましたので、簡単にまとめてみました。

   


f:id:zukaco:20191030025743j:image

 

 

 

第55回宝塚舞踏会

  

一幕

 

京さんをはじめとする専科娘役さんの、しっとりと美しい舞で幕が開いた、2019年の舞踏会。 

 

星組(朱紫さん、紫さん、紘希さん)→月組(千海さん、白雪さん、)と続き、 

 

星風さん、美園さん、舞空さん「千鳥」 

緑、青、紫の着物で登場した艶やかな三人。

躍りも、それぞれ個性で魅せる。

 

芹香さんと瀬央さん「八千代獅子」 

『次代を背負う責任ある二人』とプログラム紹介され注目集まる中、二人は息の合った美しい舞を披露。

 

 

凪七さんと愛月さん「二人狸々」

杯を持った酔っぱらいの動きをコミカルに見せる技。

体幹が強くぶれないところが凄い。

 

二幕 

礼さん「供奴」 

観客の大きな拍手で迎えられた、礼さんは隈取化粧に奴姿。

身体能力を存分に見せつける、軽快な足の動きで魅了。

 

真風さん「浦島」 

大きな亀に股がっての登場に観客は盛り上がり。

扇をつかった難しい投げ技に挑戦。

亀を連れた去り際まで、客の目を釘付けにしていました。

 

珠城さん「まつり」 

香り立つような色男っぷり。

おかめとひょっとこの二役を見事に演じわけ、所作もお手の物。 

 

轟さん「振袖菊」 

元は春日野八千代さんの演目。 

それをしっかりご自分のものにされていて、さすが!の一言。

 

大トリは松本さん。

白の衣装に包まれたお姿は、舞台上で輝きに満ちて、内面から滲み出る上品な舞。

 

    

「奉祝令和皇御国」

令和を祝うフィナーレ。

月組、宙組、星組、せり上がってきた三組のトップコンビ。素化粧の凛々しく美しい姿に息を飲む。

 

 

 

二年に一度の宝塚舞踏会。

 

ただでさえ触れる機会の少ない舞踊。

 

それを習得するために、公演や公演のお稽古の合間をぬって、舞のお稽古を重ねられてきた出演者たちの大変さ。

 

そして本番では、期待以上の見事な舞を披露する素晴らしさ。

  

タカラジェンヌというのは、本当に尊い方々です。