宝塚ブログ~SS席で見る夢、B席で落ちる恋~

タカラジェンヌを心から尊敬し、全組愛するファンブログ。観劇感想、チケット情報、ファンクラブ、お茶会、OG等、宝塚歌劇に関するあれこれを綴ります。

明日海りおさん柚香光さんサービスタイム☆A Fairy Tale -青い薔薇の精 -感想

 

 

こんばんは。

 

台風が近づいており、宝塚大劇場で行われている明日海りおさんの退団公演に影響しないか、気が気じゃありませんね😓 

   

 

 

『A Fairy Tale -青い薔薇の精 -』『シャルム!』観劇。(6回目)

   

  

今日はNHK放送の収録ということもあり、明日海さんをはじめ組子たちは、いつも以上に慎重に丁寧にお芝居されていて、一つ一つのセリフが心の奥深くにまで届いてきました。 

 

   

 

 

明日海さん柚香さん麗しのお姿を存分に凝視できるサービスタイム。

 

 

 

 

私が毎回密かに楽しみにしているのが、物語中盤のニック(水美さん)と奥様(城妃さん)の回想場面。 

 

  

二人の、愛とも友情とも単純には言えない関係性から生まれるあたたかい雰囲気のお芝居と歌が、エリュとハーヴィーに様々な気づきをもたらす重要所。 

 

 

なのですが、、、 

 

 

この時間(数分間)、明日海さん演じるエリュと柚香さん演じるハーヴィーは、ひたすら黙って客席に向かって麗しく立ち続けているのです。 

 

 

明日海さんを見つめ放題! 
柚香さんを見つめ放題! 

   

 

これを至福の時と言わずなんとする☺️(笑) 

 

 

  

もちろん、美しいお顔を眺めてうっとりしているだけではなく、言葉を発せずとも、視線の移し方や、ほんの僅かな表情の変化で内面を表現するお二人の巧みさに感嘆しております。

 

瞬きすら計算しているのでは?と思うほど。 

        

明日海さんや柚香さんだけでなく、花組一丸となって作るお芝居が深くなればなるほど、見ている私の心は清められていくようです。

 

これが景子先生が意図した、おとぎ話作品の魅力なのでしょうか。

 

    

 

さて、次はショー「シャルム」の感想を少し。 

 

 

キメ顔の1つや2つ。

 

 

明日海さんのアドリブは、後ろ(舞台上)の下級生に「今日は収録していただいております。みんなキメ顔の1つや2つしておいて!」と無茶振り😃 

 

下級生が思い思いにキメ顔するのを見届けた後、  

 

「それでは私も!」と色気ムンムンの花組ポーズとウインク。 

  

 

 客席は大盛り上がりでした。 

 

 

そして、魂のこもったケ・ラサは素晴らしいの一言です。

 

 

本日の公演が収録でよかった😊

 

 

 

 

 

いよいよサヨナラショー練習開始?

  

  

 

入りの時間が早くなったり、出の時間が遅かったり、いよいよサヨナラショーのお稽古が始まったのでしょうか。

 

 

 

誰かお願い! 魔法の粉で時間を止めて~😢

 

    

では、また明日♪

  

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村