観劇ブログ   ~SS席S席A席B席~

  タカラジェンヌを愛してやまないヅカファン     ほぼ毎日ブログ更新中。

運動神経ばつぐん殺陣絶品!水美舞斗主演・花組「銀ちゃんの恋」初日感想まとめ


f:id:zukaco:20210817035919j:image

 

 

水美さん主演「銀ちゃんの恋」が初日をむかえました。

 

 

公演全体の感想や水美さんのごあいさつなど

気になる初日のレポをまとめました。

 

ネタバレありです。

 

 

 

 

 

 

 

花組「銀ちゃんの恋」初日感想まとめ・全体

 

(初日感想レポ・ネタバレありです。

ご留意ください。

 

 

 

 

 

 

  • 笑ったり泣いたり切なかったりアッという間の3時間。
  • フィナーレは無し。
  • カンパニーのあたたかさが客席にも伝わってきた。
  • 言葉にならないくらい感動した。
  • 千秋楽ですか?っていうくらい盛り上がった。

 

  • 令和風に脚本変更されていて見やすい。
  • みんな芝居うまい。
  • 客席もゲラゲラ笑って楽しい。
  • バタバタさいこう!初日感さいこう!
  • 専科の京さんや悠真さんもみんな楽しそうだった。
  • 水美さんの初東上公演をみんなが喜び成功させようとしてるのが伝わってきて感動。

 

 

銀ちゃん・水美舞斗

 

  • 開演アナウンスは銀ちゃん流の自己紹介。

 

 三代目倉丘銀次郎の名代を
継がせていただくことになりやした
水美舞斗でごせいます。
 
  • 開演アナウンスの水美さんカッコよすぎ!
  • 開演アナウンスから泣いた。最高。
  • 開演アナウンスのあとに「銀ちゃん本日も反省の色なし!」と言う組子、おもしろい。

 

 

本編は銀ちゃん(水美)の独壇場。

 

  • 水美さんは銀ちゃんになりきってた。
  • 銀ちゃんの声をしっかりつくっててスゴイ。
  • 立ち回り(殺陣)に余裕を感じた。いちいちキレがいい。
  • 水美さんの運動神経のよさが際立つ殺陣、絶品。
  • 階段の上り下りの速度が異常にはやい。

 

  • 水美さんド派手なパンツ似合ってる。
  • 着流しも新郎衣装もステキ。もっと見たかった。
  • 水美さんは真ん中がふさわしい。
  • ダンスを封印して歌とお芝居で存分に魅せてくれました。
  • お芝居が繊細なのにぶっちぎれていて楽しかった。

 

  • にじみだす孤独やヤスへの愛の表現がすばらしかった。
  • スター・オブ・スター!
  • 滑舌よくて気持ちいい。
  • 電飾スーツあり。
  • 土方歳三役の水美さんがムチャクチャかっこいい。

 

  • かっこいい色気だだもれシーンあり。
  • クズ男の銀ちゃんなのに水美さんが演じると憎めない。
  • 銀ちゃんは水美さんの当たり役になりそう。
  • 銀ちゃんのセリフ「来年のカレンダー表紙を飾ることになった」って、タイミングよすぎ!

 

 

ヤス・飛龍つかさ

 

  • 迫真の演技に泣かされた。
  • ヤスの健気さがたまらない。
  • 演技が上手すぎてヤスそのもの。
  • ヤスが飛龍さんで良かった。
  • ヤスに何度も泣かされた。

 

  • ちょっとカッコよすぎるけど完璧にヤス。
  • 飛龍さんの歌は絶品。
  • ヤス=飛龍つかさ
  • 水美さんと飛龍さんの関係が銀ちゃんとヤスの関係とリンクして泣ける。

 

 

小夏・星空美咲

 

  • 星空さんの歌と芝居の上手さにびっくり。
  • ヒロインというより女優。これからとても楽しみ。
  • 驚異の新人。
  • 水美さんとの激しい言い合いシーンも対等にお芝居しててスゴイ。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

水美舞斗さんご挨拶・カテコ

 

 

  • 美風さんの水美さん紹介が「倉丘銀次郎ではなく主演の水美舞斗がごあいさつもうしあげます」で客席万来の拍手。

 

水美さんご挨拶

 

(ニュアンスです。)

 

  • お客様がいらっしゃる中で公演できますこと、本当にありがたくおもいます。
  • ショーもないのに私たちこんなに汗をかいて…笑
  • (客席のすごい拍手に)「今日は千秋楽でしたっけ?」
  • これから千秋楽にむけてどんどん成長していきたいです。

 

  • 「この人まだ研3ですよ」と星空さんの頭ぽんぽん。泣いてしまった星空さんを抱き寄せ「よろしくお願いします」と2人でお辞儀。
  • 専科のお二人と花組の仲間と休演している朝葉、みんなで作品を深めてまいります。
  • 本日は本当にありがとうございました。

 

 

そして、とっておきのおまけ

 

水美さんによる終演アナウンス。

 

「大変もうしわけありゃあせんが、

いましばらくお口にチャックで

おねげぇいたしやす。」

 

 

最後の最後まで楽しいですね。

 

膨大なセリフとたくさんの小道具のあつかい、

繊細なシーンの緊張感。

 

フィナーレなしとはいえ

とても体力のいるハードな公演ですので

全員がケガなく無事に千秋楽をむかえられますように。

 

ランキングに参加しています。

ポチッと応援はげみになります。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村