観劇ブログ   ~SS席S席A席B席~

  タカラジェンヌを愛してやまないヅカファン     ほぼ毎日ブログ更新中。

月組「川霧の橋」「LOVE AND ALL THAT JAZZ」配役発表と退団者

 

f:id:zukaco:20210831021046j:plain

 

 

月組別箱公演の配役が発表されました。

 

 

 

 

「川霧の橋」配役

 

幸次郎・月城かなと

(腕がよく仲間からの人望も厚い大工の棟梁。長年お光を慕っている)

 

お光・海乃美月

(幸次郎に慕われていながら清吉と結婚の約束を交わす)

 

半次・鳳月杏

(幸次郎と兄弟弟子。お組を慕っている)

 

清吉・暁千星

(幸次郎と兄弟弟子。お光と結婚の約束を交わす。幸次郎が新棟梁になったことに腹を立て上方へ。)

 

巳之吉・夢奈瑠音

(杉田屋の棟梁。幸次郎を跡継ぎに指名する)

 

杉太郎・蓮つかさ

(幸次郎と兄弟弟子)

 

辰吉・英かおと

(小頭)

 

小りん・晴音アキ

(幸次郎に想いをよせる芸奴)

 

お組・天紫珠季

(油問屋のお嬢様だったが火事ですべてを失う)

 

およし・結愛かれん

(幸次郎の嫁)

 

お民・白河りり

(上方で清吉のなじみの女)

 

 

 

 

「川霧の橋」は、いわゆる愛と希望に満ちたゆめゆめしい王道宝塚作品ではありません。

 

それゆえ、登場人物たちの人間くさい生き方に共感でき、観終わったあとになんとも言えない余韻がのこる作品です。

 

そんな色濃い登場人物たちのなかでも、とくに注目は清吉を演じる暁さん

 

 清吉(暁)という人物は、お光と結婚の約束を交わすが、兄弟弟子である幸次郎が新棟梁に指名されたことに腹をたて上方へ逃避。そこで知り合った女と…

 

こんなダ〇男を暁さんがどのように演じるのか、そしてこの役が暁さんの新境地開拓になるのか、期待しかありません。

 

 

博多座公演「川霧の橋」

 

こんなに難しいお芝居をプレ・トップお披露目公演にもってくるとは。

 

劇団の月城さんや海乃さんへの信頼と、新生月組への期待がうかがえます。

 

月城さん率いる新生「芝居の月組」の、情感あふれるお芝居がみられることを楽しみにしています。

 

 

 

 

「LOVE AND ALL THAT JAZZ」配役

 

ルーカス・風間柚乃

(ドイツ人ジャズピアニスト)

 

レナーテ・きよら羽龍

(ユダヤ人の娘)

 

 

風間さんときよらさんのバウ初主演公演。

 

おめでとうございます。と、お祭り騒ぎができるハッピーな内容ではなさそうですが、とても見ごたえがありそうで楽しみです。

 

 

月組 別箱 退団者発表

 

一羽萌瑠

2021年10月18日(バウホール公演千秋楽)付けで退団

 

夏凪せいあ

2021年11月3日(博多座公演千秋楽)付けで退団

 

 

とても残念ですが、お二人が月組のみなさんと最後の日まで無事に公演ができますように。

 

ランキングに参加しています。

ポチッと応援はげみになります。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村