宝塚ブログ~SS席で見る夢、B席で落ちる恋~

タカラジェンヌを心から尊敬し、全組愛するファンブログ。観劇感想、チケット情報、ファンクラブ、お茶会、OG等、宝塚歌劇に関するあれこれを綴ります。

マナー違反怒り!客席降りタカラジェンヌ握手ハイタッチについて。

 

  
f:id:zukaco:20191008143906j:image

 

  

「宝塚公演は、銀橋前に階段が置かれてあったら、その公演は客席降りがある。」

 

そのことを知ってからは、劇場に入って自分の席に着席して、真っ先にこの階段を探します。 

 

そして、階段がなければ少し残念に思い、階段があれば少し期待値が上がる。 

 

 

客席降り。とは、

 

公演中、出演者が客席でパフォーマンスすること。 

  

宝塚の場合は、主に2つのパターンです。

 

  • 舞台(銀橋)から客席へ降り、再び上がる。または、客席扉から退出する。
  • 客席扉から登場し、客席でパフォーマンスした後、舞台にあがる。または、客席扉から退出する。 

 

そして、この客席降りには、出演者が留まってパフォーマンスする場合と、通りすぎるパターンがあります。 

 

客席降りの楽しさ。

 

たとえ短い時間でも、タカラジェンヌさんを間近で拝見できる機会は、とても嬉しく、貴重なものです。 

  

お芝居の客席降りは、役として存在する演者の、真剣な眼差しや立ち居振舞いを間近で見られ、凄みを感じることができます。 

 

ショーの客席降りは、弾ける笑顔のジェンヌさんと目があったり(錯覚ではなければ。笑)、良い香りに包まれたり、ハイタッチを交わすこともあり、心踊るひとときです。 

 

個人的には、柚希礼音さんのコンサートで、右手を柚希さんに、左手を礼真琴さんとハイタッチしていただいことは、一生の思い出です。 

  

  

しかし、我々にとって一生心に残る素晴らしい時間となる客席降りも、出演者にとっては、負担の大きい演出のように思います。 

 

 

目撃!客席降りマナー違反。 

   

とある組、全国ツアー公演中のショー客席降りで、とんでもない光景を目にしたのです。 

 

真ん中の席の人が、通路まで歩いて出演者を触りに行く。

握った手を離さない。

衣装を触る。

携帯電話で写真(動画)を撮る。 

 

 それはそれは、ひどい光景でした。

 

そんなことをされても、笑顔で対応しているジェンヌさんの姿に、涙がでました。 

  

 

このような負担を出演者に強いるなら、客席降りなんて無くていい!  

     

宝塚の舞台を観て、怒りに震えることになるなんて、思いもしていませんでした。 

 

今思い出しても怒りがぶり返します。

  

   

客席降りマナーとは。 

 

かと言って、客席降り時の明確なマナーはありませんし、劇団から注意も喚起されません。 

 

せいぜい、「通路に荷物は置かないでください。」と劇場スタッフが見回るくらいです。 

 

全ては、客のモラルに委ねられています。 

  

出演者の進路を妨害しない。

手を強く握らない。

衣装や体に触らない。

席を移動しない。

etc… 

    

こんなことは当たり前ですよね。 

 

客席降り演出ってありがたい。

近くでジェンヌさんを拝見できるだけで幸せ。

 

と、皆が思って行動すれば、何も問題は起きないと思います。 

 

 

月組公演『I AM FROM AUSTRIA』客席降りあり。 

 

現在、宝塚大劇場で行われている月組公演『I AM FROM AUSTRIA』も客席降りがあり、とても楽しい場面になっているそうです。 

 

皆がマナーを守り、出演者にとっても客にとっても、一生心に残るステキな場面になりますように。

  

 

 では、また明日♪

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村