宝塚ブログ~SS席で見る夢B席で落ちる恋~

タカラジェンヌを心から尊敬し全組愛するファンブログ。観劇感想、チケット情報、ファンクラブ、お茶会、OG等、宝塚歌劇に関するあれこれを綴ります。時々 韓国ドラマ感想も。

真風さん派?芹香さん派? 宙組「 エル ハポン―イスパニアのサムライ―」観劇


f:id:zukaco:20191207210957p:plain



 宝塚歌劇宙組公演「 エル ハポン―イスパニアのサムライ―」「アクアヴィーテ(aquavitae)!」観劇

 

「エル ハポン」

この作品が発表された時も、あらすじを読んだ時も、和物なの?洋モノなの?ごちゃまぜ?と、中途半端な気がして、正直あまり期待していませんでした。 (スミマセン) 

 

ところが、見終わった後、主人公たちのその後をずーっと想像してしまうくらい、作品の世界にハマりました。 

 

これぞ、男の中の男!真風涼帆さん 

 

まず、真風さん演じる侍(蒲田)のカッコいいこと。 

 

人には言えない過去を背負い、一途に昔の恋人を想い続け、主君には義を尽くし、異国で偶然知り合った弱き者たちにも優しく。 

 

そしてもちろん、容姿端麗で、刀の腕は天下一品。

  

これぞ、男の中の男!という人物で、客席のあちらこちらから「よっ!待ってました!」と心の声が聞こえてきそうです。(笑) 

 

刀さばきの見事さ、立ち回りで人物の心情まで表現できる真風さんに感嘆しました。 

  

 

真風涼帆さんと星風まどかさんの相性


言うまでもなく、星風まどかさんとの相性もいいですね。 

 

お互い 過去の恋人や、亡き夫への思いを裁ち切れずにいるけれど、いつしか魅かれ合い、少しずつ心を通わせていく様子がいじらしくてたまりません。

  

 星風さんの喪服姿も綺麗ですが、喪服を脱いでカラードレスに着替えた時、役(カタリナ)としての内面の強さと美しさが透けて見え、真風さん(蒲田)や芹香さん(アレハンドロ)でなくとも惚れてしまいます。(笑) 

 

 

真風さんと好対照、芹香斗亜さんの魅力。

 

どうしてこの人は、チャラくて賢くて優しい男がこんなに似合うのでしょうか。 

 

しばられることが何より嫌いで自由を愛する美しい青年。 

 

賢くて優しいが故に、最後は…  

 

真風さん演じる、異国の侍(蒲田)との間に芽生えた友情の表しかたが、クスッと笑えて、でも切なくて。 

 

とても印象的なシーンで心に残りました。

 

芹香さん演じる役(アレハンドロ)も、真風さん演じる役(蒲田)と同じに魅力的でステキな人物です。 

 

「真風さん派?芹香さん派?」と、観劇した方に聞いて回りたいくらい、どちらも良い男なのです。 

  

 

作品に深みを与える桜木みなとさん

 

親にしばられ、親を憎み、世間を憎み、誰も信用せず。 

 

人間らしくて屈折した思いを色濃く表現して、透明感のある芹香さんの役づくりとは全く逆のアプローチで、作品に深みを与えていました。 

 

桜木さんの新たな一面が見られます。 

 

 

作品全体の感想

 

作品全体としては、ロマンスあり、男の友情あり、愛憎劇、など盛り沢山。 

 

しかし、そのどれもがちゃんと絡み合って物語が構築されているので、破綻がありません。 

 

すんなり役に感情移入できますし、心ゆくまま登場人物に陶酔できます。 

 

心に響くキャッチーな曲がないのが残念ですが、これはまた観劇回数を重ねれば、印象が変わるかもしれません。 

  

久しぶりに「THE!宝塚」を見た。と、大満足の作品でした。