観劇ブログ~SS席で見る夢B席で落ちる恋~

宝塚歌劇、ミュージカル、韓国ドラマ、国内ドラマ、演劇、映画、JPOP、KPOP、オペラ、歌舞伎などエンタメ大好き。観劇や鑑賞の感想を記します。。

ラスト声出た!宙組シャーロック・ホームズ観劇感想・二番手っておもしろい

f:id:zukaco:20210706025456j:plain

 

宙組「シャーロック・ホームズ」

 

2階A席で観劇。

 

このご時世でも2階席は

半分くらいうまっていました。

 

 

 

シャーロック・ホームズ 簡単あらすじ

 

19世紀のロンドン。

ホームズは警部にとある事件の解決に

協力するよう求められる。

 

そこで、仲間のワトスンと共に

ばつぐんの推理力と変装技術をいかし

真相を究明することに。

 

事件のカギをにぎる人物に会うのだが、

それはホームズにとって忘れられない女性

アイリーンだった。

 

やがてホームズの作戦は功を奏し、

ついに黒幕へとたどりつくが…

 

 

 

シャーロック・ホームズ 

全体感想 ネタバレなし

 

ストーリーは思ったよりもシリアスで本格的。

 

ところどころ笑いや Love要素もありますが、

初見はとにかく事件の結末が

気になって気になって…

夢中になって観ました。

 

まるで推理小説を読んでいるかのような

緻密で隙のない舞台。

 

ホームズ・真風涼帆さん

 

男役・真風涼帆の魅力が

いろいろ詰め込まれています。

 

  • 子供のように駄々をこねる可愛らしさ。
  • 英国紳士としての完璧な立ち居ふるまい。
  • アイリーンの前での男らしさ。
  • 過去をひきずる男の哀愁。
  • 変装の上手さ。

 

場面や芝居する相手によって、

カッコよくなったり、可愛くなったり、

スカシてみたり。

 

見ている私たちもホームズの魅力に

翻弄されます。

 

ほんと、真風さんは

どれだけ男役の引き出し持ってるんだ。

 

スーツ姿も、マント使いも、女性のあつかいも、

惚れ惚れするほどカッコイイ!

 

モリアーティー・芹香斗亜さん

 

理由なく平気で人を殺すサイコパス。

 

これを芹香さんが演じると、

「根っからの悪人なのに、

ふしぎと純粋さを感じさせる

魅力的な男」になるからスゴイ!

 

宝塚作品でもめずらしいくらい

容赦のない殺人鬼ですが、

声色をちょっと高めにして、

ゆっくりもったり話すことにより

ちょっと愛らく見えるんですよね。

 

 

芹香さんの演技力は天井しらず。

 

そりゃモリアーティ兄(紫藤さん)も

手を貸してしまうよ。

 

こんな 珍しい役ができるなんて

二番手っておもしろいですね。

 

モリアーティーとホームズの直接対決も

みどころの一つです。

この二人のブレない剣さばきが

ムチャクチャかっこいい。

さすが研15と研16!

 

この緊迫したシーンで

ちょっとスタッフさんが見えてしまうのは

セット転換の都合上しかたのないことなのかな?

 

その他のキャスト

 

潤花さんのアイリーンは

大人っぽく魅力的で、

ホームズが心惹かれるのも

納得の女性。

 

真風さんとの身長差が絶妙で、

二人が並んでいるだけでキュン。

 

ただ、ひとつ残念な点は、

オペラ歌手の役なのに

しっかり聞かせる歌がないこと。

 

桜木みなとさんのワトスン。

とにかく優しくて良い人。

ワトスンの前だとホームズが安心して

わがままが言えるの分かる。

桜木さんのお人柄そのもののよう。

 

ワトスンと天彩峰里さんメアリーの間には

いつも幸せな空気が流れていて、

事件の重い雰囲気を和らげてくれます。

 

 

思わす声が出たラスト ネタバレなし

 

まだ公演が始まったばかりなので

ネタバレは避けますが、

 

物語ラスト3分で思わず

「あっ!!」と声がでて、

 

ラスト1分で思わず

「おぉ~。」と唸りました。

 

旅立つ人物と、そのまわりを

よーく見ていてくださいね。

そして、一回暗転になっても

席を立たないでください。