宝塚ブログ~SS席で見る夢、B席で落ちる恋~

タカラジェンヌを心から尊敬し、全組愛するファンブログ。観劇感想、チケット情報、ファンクラブ、お茶会、OG等、宝塚歌劇に関するあれこれを綴ります。

礼真琴さんはスゴイことが普通♪ロックオペラモーツァルト感想


f:id:zukaco:20191127002140j:plain

「 ロックオペラ・モーツァルト」観劇してきました。(2回目)


開演5分前から客席は静まり返り、みんなが息を飲んで開演を今か今かと待ちわびる。

この異様な客席の雰囲気から、公演の期待の大きさを物語っていました。

宝塚ファーストフォトブックvol.4礼真琴

宝塚ファーストフォトブックvol.4礼真琴



凪七さん、舞空さん、小桜さんの歌が始まると、『あぁ~、ドーヴ・アチアさんの世界だなぁ。』と一曲目から、ロックオペラの世界へ引き込まれます。


お待ちかねのモーツァルトが登場し、歌い始めた瞬間…礼真琴ワールド全開。

そうなんです。

この時点ではまだ、モーツァルトという人物を感じると言うより、礼真琴さんの歌の上手さにただただ感嘆。

人って、歌に圧倒されると、自然と笑みがこぼれるのですね。

ひたすらニヤニヤしてしまいました。

しかし、礼さんの曲が、三曲目くらいになると、低音から高音まで自由自在に操り、音量も声色も思いのままに変化させる素晴らしい技術の歌を、、『普通』と感じてしまう恐ろしさ。

もちろん普通ではないですし、いちいちスゴイのですが、歌だけではなく、存在そのものがモーツァルトになっていっているのでしょう。

才能ある若い魂を、歌に踊りに ぶちまける姿が、モーツァルトと重なり、

一幕が終わる頃には、「音楽の神様に愛されたモーツァルトなら、このくらい歌も上手かったのかも!?」と、礼真琴さん演じるモーツァルトが、モーツァルトそのものに思えます。


星組シアター・ドラマシティ公演 『阿弖流為-ATERUI-』 [DVD]

星組シアター・ドラマシティ公演 『阿弖流為-ATERUI-』 [DVD]


舞台を縦横無尽に駆け回り、思いの丈を全身で表現する『陽と動のモーツァルト』

内なる嫉妬と欲望を、言葉少なに佇まいで表現する『陰と静のサリエリ』

この礼さんと凪七さんのバランスが、とても良いのです。


しかも、バランスが良いのはお芝居だけではなく、歌声も。


技術のあるお二人なので、微妙なニュアンスまでピタッと合わせるのはお手のもの。


性格は全然違う二人だけれど、音楽を愛する気持ちは同じなんだと、二人の歌を聞いているだけで、それが伝わってきます。(台詞にもでてきますが。)

素晴らしいですね。


モーツァルトの妻役の舞空さん

登場したときから目をひくスターさん。

オリックスグループ広告起用、おめでとうございます。

舞空さんは、ミニスカートもロングドレスも似合わない服がなく、ダンスの時には、衣装が体の一部のように美しく沿って、扱いが見事。

自由奔放だけど、モーツァルトの才能を誰よりも信じ、支えようとする健気な姿にグッときました。


白妙さん、小桜さん、夢妃さん、桜庭さんたち娘役さんの歌が、存分に聞かれるのも嬉しいですし、

モーツァルトに音楽の基礎を叩き込んだ教育パパの悠真さんの♪パリへ行くんだ~ は圧巻。

紫藤さんは、賄賂を渡したり渡されたり、ともすれば悪一色になりかねない難しい役どころを、絶妙な演技で憎めないキャラに仕上げているのはさすが!

極美さんは、サリエリの弟子でありながらモーツァルトの音楽に魅せられ手伝いを志願する、素直で明るい青年を好演。
説明セリフも多く、登場する度に、舞台が明るくなるほど華がありますね。

主演の礼真琴さんや舞空さんをはじめ、層の厚い星組の『ロックオペラ・モーツァルト』は、宝塚をまた別の世界に連れていってくれる、革新的な作品だと思いました。

ゆえに、体力的にハードな公演でしょう。

明日の千秋楽、そして東京公演も、皆が無事にお怪我のないよう祈るばかりです。