観劇ブログ   ~SS席S席A席B席~

  タカラジェンヌを愛してやまないヅカファン     ほぼ毎日ブログ更新中。

第1弾・第2弾おさらい!星組「めぐり会いは再び」☆礼真琴・舞空瞳 続編決定。

 

f:id:zukaco:20210911044220j:plain

 

 

つい先日「王家に捧ぐ歌」の再演発表に沸いた星組が、またもや話題をかっさらってきましたね。

 

「めぐり会いは再び next generation-真夜中の依頼人(ミッドナイト・ガールフレンド-」

 

タイトルながっ!!

 

柚希礼音さん主演で2011年に第1弾(小柳先生大劇場デビュー作)、2012年に第2弾が公演され、どちらも大好評。

 

底抜けにハッピーなこのシリーズがわたしも大好きです。

 

礼真琴さん主演で第3弾がたのしみで待ち遠しい。

 

2022年の第3弾に思いを馳せるまえに、まずは第1弾、第2弾のあらすじをかんたんに紹介します。

 

 

 

 

2011年・めぐり会いは再び
かんたんあらすじ

 

 

 

伯爵(英真)は適齢期になってもなかなか結婚しようとしない娘シルヴィア(夢咲ねね)に業を煮やし花婿えらびをはじめる。

 

5人の花婿候補が集まり、その中のひとり公爵家の息子ドランド(柚希礼音)は、シルヴィアの本性を見極めるために従者ブルギニョン(紅)と入れ替わって彼女の様子をみることにしました。

 

(主従関係の2人が入れ替わることによるドタバタがおもしろい。主人なのにおどおどしたブルギニョンと従者なのに偉そうなドランドの掛け合いに爆笑。紅コメディエンヌ実力発揮)

 

そうとは知らないシルヴィアも候補者たちの本性を見極めるために召使のリゼット(白華)と入れ替っていた。

 

ドランドとシルヴィアは互いの内面を知りひかれあうようになるが、身分を偽っていることに罪悪感をいだくようになる。。

 

(柚希さんが切なくうたう平井堅のLife isがこころにしみたなぁ。)

 

一方、主人と令嬢としてふるまうブルギニョンとリゼットの間にも愛が芽生え‥

 

4人のこじれた関係をどう納めるのか。

 

すべてお見通しの伯爵の計らいで、劇作家エモクラート(真風)の脚本で一芝居うつことに。

 

そうとは知らないドランドとシルヴィアはまんまと芝居にのせられ、真実を告白し、たがいの愛をたしかめあったのでした。

 

めでたし、めでたし。

 

 

 

 

2012年・めぐり会いは再び

かんたんあらすじ

 

 

ドランドとシルヴィアが愛を確かめ合ってから約1年。

 

2人は結婚式をひかえていましたが、ドレスが気に入らないと不機嫌になるシルヴィアと、そんなシルヴィアにうんざりするドランド。

 

ささいなことで喧嘩をくりかえす2人に周囲はヒヤヒヤさせられていました。

 

(夢咲さんのわがままぶりっこお嬢様の演技がふり切っていておもしろく、花嫁にうんざりする花婿がリアル過ぎて物語とは思えませんでした。小柳先生の脚本スゴイ)

 

 

そこへシルヴィアの弟ルーチェ(礼真琴)が留学先からかえってきた。

 

お姉ちゃんが大好きなルーチェは、姉と喧嘩ばかりするドランドのことが気に入らず「ぼくはあなたのことを認めません」と宣戦布告。

 

しかし、ドランドが本当は深く姉のことを愛していることを知り、姉の婚約者だと名乗りでた怪しい男の正体を暴くためエモクラート(真風)の脚本で芝居をうつ。

 

事件解決後、ルーチェは誠実なドランドのことを認め「姉上のことをよろしくお願いします。」と2人の結婚を祝福します。

 

(14歳なのにおとなぶって生意気ばかりいう礼ルーチェが可愛すぎ。喧嘩していた留学先の彼女と仲直りできてよかったね。)←この彼女こそが2022年の第3弾で舞空さんが演じるアンジェリークなのです。

 

 

すれ違いを経てドランドとシルヴィアはお互いがかけがえのない相手だと気づき、ようやく2人は結ばれました。

 

めでたし、めでたし。

 

(たった45分の公演時間でストーリーが驚異的に上手くまとめられていました。ちえねねのキスシーンはもはや伝説。)

  

 

 

2022年・めぐり会いは再び

詳細

 

あらすじ

ヴェスペールの王都マルクト。オルゴン伯爵の次男ルーチェ・ド・オルゴンは、大学卒業後も定職に就かず、友人レグルスが立ち上げた弱小探偵事務所の手伝いをして暮らしていた。ガールフレンドのアンジェリークとの関係も順調とは言えず、アンジェリークには実家から縁談の話も舞い込む始末。そんなある日、事務所に奇妙な依頼人が現れ、家に代々伝わる秘宝“一角獣の聖杯”を探し出して欲しいと頼まれる。実はこの依頼、煮え切らないルーチェの本心を探る為、アンジェリークとその友人たちが仕組んだ芝居であった。そうとも知らずに捜査に乗り出したルーチェとレグルスは、いつしか王都を賑わす大怪盗ダアトとの争いに巻き込まれて行くこととなる。果たしてルーチェは“一角獣の聖杯”とアンジェリークの愛を手に入れ、さらには王都に平和を取り戻すことが出来るのか!?

(宝塚歌劇団HP引用)

 

 

「めぐり会いは再び」シリーズのゆめゆめしさは保ちつつストーリーが本格的で見ごたえがありそうですね。

 

柳生、王家、ジェントルライアー、めぐり会い。

 

注目すべき演目ばかりで星組から目がはなせません。

 

ランキングに参加しています。

ポチッと応援はげみになります。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ